ゆっくりしていってね

【新定番レビュー】CCZ Coffee Bean DC1【格安中華イヤホンおすすめ】

今回は、CCZ Coffee Bean DC1を購入し、2カ月ほど使ってみましたのでレビューしていきます!!

結論から簡単にまとめてしまうと

  • 価格に対して高品質
  • 価格に対して高音質
  • 全体的にはマイルドな音質
  • どちらかというと中低音よりのバランス
  • 装着感が良い
  • 高価なイヤホンと比べると解像度は低く感じる
  • ケーブルは保管時に絡まりやすい

といったもので、まとめると

コスパのいいサブイヤホンや、寝フォンを探している人におすすめ

というものでした!

はく

私は寝るときにこれを付けて安眠してます。。。。

それでは詳しく見ていきましょう!

目次

CCZ Coffee Bean DC1とは

いわゆる中華メーカーCCZが出している、低価格帯のイヤホンです。

同価格帯で3製品出しており、EmeraldやMelodyという製品もあります。

この3種は色や、ドライバーが異なります。

CCZ Emerald / Melody / Coffee Beanの違い

この3つのうち、Coffee Beanが最初に発売されました。

Coffee Beanが中低音よりのマイルドなイヤホンに対して、後発の Emerald と Melody は中高音域よりのドライバーが採用されています。

そしてMelodyは名前とは裏腹に、一番ドンシャリ感があるように思います。

スペック

ドライバー

ドライバーは10mmサイズのPET複合振動版を採用した、二重磁気回路のダイナミックドライバーを搭載しています。

インピーダンス

インピーダンスは18Ωとなってます。

感度

感度は111dB/mWとなっています。

付属品

ケーブル

付属品のケーブルは、よくあるKZの安価なケーブルでした。

価格的には妥当なものだと感じました。

また、高価なものにリケーブルすると解像度が向上しますが、せっかくのチューニングが壊れ、逆に全体としてはバランスが悪くなってしまう事もあるので、ご注意ください。

このバランス感を出すために、このケーブルにしたのだと感じました。

付属のケーブルだと変なドンシャリ感も無く、とてもバランスが良く聞こえます。

ケーブルは中華2pinCIEM2pin、そしてTFZタイプのカバー付きコネクタと互換性があります。

互換性が高いため、リケーブルでも楽しめるイヤホンとなっています。

イヤーピース

付け心地のいいイヤーピースが3つ付属してきました。

激安の中華は外れイヤーピースの場合があるのですが、とても付け心地が良かったです。

使ってみて

総論

音質はとてもマイルドで聞き心地がよく、ある程度長時間聞いていられます。

装着感も良く、つけていて変な感じがすることもなかったです。

私は普段眼鏡をかけているのですが、何も不便無く装着できました。

私の使い方

ここまで安くて、音質もいいので、就寝時に使用しています。

もし壊れてしまってもまあいいや、と思える価格なので安心です。

寝相についてはそこまで悪いとは思いませんが、起きたらさすがに耳からは外れています。

しかし、まだ本体とケーブルが離れることはありません。

少し不満を感じる点

ケーブルについてですが、撚り線タイプのケーブルなので、保管する際に多少絡まりやすいのは難点だと感じました。

使い続ければヘタってストレート寄りになることはあるのでしょうか、。、。、??

まとめ

以上まとめると

  • 価格に対して高品質
  • 価格に対して高音質
  • 全体的にはマイルドな音質
  • どちらかというと中低音よりのバランス
  • 装着感が良い
  • 高価なイヤホンと比べると解像度は低く感じる
  • ケーブルは保管時に絡まりやすい

といったもので、

コスパのいいサブイヤホンや、寝フォンを探している人におすすめ

というものでした!

寝落ちイヤホンが欲しい方は是非お試しあれ!!!

はく

最後までお読みいただき、ありがとうございます!!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる