https://teriyakihaku.com/ から移行中

【Aviot】TE D01-d mk2 を3カ月使い込んだのでレビュー

結論
  • 高級感のある見た目
  • イヤホン自体は軽く、音質も良い
  • Bluetooth接続はとても切れにくい
  • ケースの蓋の作りが微妙
  • 外音取り込み機能は微妙

総評:音楽を楽しむ完全ワイヤレスイヤホンとして、購入して満足できるものであった。

はくのアイコン画像はく

どうも!はくです!

今回はAviot TE D01-d mk2を3カ月使い込んだのでレビューをしていきます。

スペックや特徴のおさらいが不要な方は、外観からお読みください。

目次

スペックおさらい

念のために端的にまとめてみます。

イヤホン仕様

ドライバーφ6 mm ダイナミック
感度90 db±3db
インピーダンス16±15%Ω
通話用内臓マイクcVc8.0ノイズキャンセリング
(通話時のみ)
防水規格IPX5

バッテリー仕様

容量イヤホン片耳60 mAh
ケース1950 mAh
最大通話時間5.5時間
最大再生時間イヤホン単体 11時間
ケース併用 120時間
充電時間およそ2時間※1
充電ポートUSB Type-C
※1:Qi対応充電器で充電する場合、満充電まで30~60分程度多くかかる場合がある

Bluetooth仕様

バージョン5.0
マルチペアリング3ディバイス
対応コーデックAAC / SBC / aptX
対応プロファイルA2DP / HFP / HSP / AVRCP

特徴おさらい

簡単にAviot TE D01-d mk2の特徴をまとめてみます。

Japan Tuned

日本人の聴覚特性に合わせてサウンドチューニングをされています。

Aviotによると、

普段私たちが聞き慣れている日本語は、「あいうえお」というたった5つの母音で発音され、周波数帯域が狭く、且つ音の強弱が少ない極めて珍しい言語

https://aviot.jp/product/te-d01d-mk2

らしいです。

その特徴に合わせてチューニングされた、日本人にとって聞きやすい音を奏でてくれます。

長時間再生

省電力設計により、イヤホン単体で11時間のさいせいが可能。

そして、モバイルバッテリーとしても使えるケース本体と合わせることで、最大120時間も使い続けることができます。

専用アプリ

AVIOT 専用スマートフォンアプリ、AVIOT SOUND XXXに対応しています。

出来ること

  • タッチセンサーの機能をカスタマイズ
  • 10バンドイコライザー
  • ファームウェアのアップデート

などが行えます。

それでは本題。

レビューへと移ります。

外観

今回ご紹介するイヤホンは、本体だけでなく、梱包からきれいです。

外箱
横開きにすると、本体とお姉さんが現れます。

最初は横開きということがわからず、戸惑いました。。。。

もうこの時点で高級感に胸が高まりました。

このまま本体(ケース)を取り出してみます。

後ろ

ケースの蓋の部分には光沢があり、高級感を演出します。

蓋以外の部分はマットな質感で、肌触りもラバーっぽく、持った時に滑らないようになっています。

また、後ろにはUSB Type-Cの充電口があります。

このケースはモバイルバッテリーとしても使え、この充電口からスマホなどを充電することも可能です。

ワイヤレス充電もできるタイプですので、充電口も目立ちにくい作りになっています。

ちょうどよくフィットするイヤホン

イヤホン自体も高級感のある見た目をしています。

ボタンは物理ではなく、接触センサのボタンです。

耳をよく触ってしまうような方は、もしかすると誤タッチをしてしまうかもしれません。

普段使いをしている分については全く問題ありませんでした。

使い心地

音質

私は素人なので、詳しいことはわかりませんし、間違いもあるかもしれません。

そこで、率直な感想を申します。

  • 高音よりも低音の音質がいい
  • 変なチューニングがされておらず聞きやすい
  • 全体的にどこの音域も尖らず、まとまっている
  • しっかり細かな音も表現できる
  • 聞いていて耳が疲れにくい

といった感じました。

高いイヤホンの中には、チューニングしないと高音付近が尖って聞こえたり、

また、細かに音が聞こえすぎて耳が疲れるといったことがありました。

しかし、そんなこともなくとても聞いていて心地が良いものでした。

付け心地

とても軽く、快適でした。

40分ほどのランニングでも使いましたが、落ちてくることはありませんでした。

もちろん、片道1時間の通勤で落ちることもありませんでした。

操作

イヤホン本体にあるタッチボタンで曲の停止や再生、曲飛ばしなどの操作、

物理ボタンで外音取り込み機能のON/OFFができます。

私自身は耳周りも触らないので、特に誤操作が気になることはありませんでした。

Bluetooth

私は通勤で首都圏の人が多い駅を通るのですが、まったく途切れることがなかったです。

ストレスフリーで使うことができました。

バッテリー

まったく気にせず使えます。。。。

モバイルバッテリーとしては使わなかったので、

3カ月で2回くらいしかケースを充電していない気がします。

毎日通勤などで3時間は使ってたと思います。。。

イヤホンを外したらそのままケースに入れておくだけ。。。

さすがモバイルバッテリーとして使えるほどのバッテリーです!

ケース

唯一弱点ですかね。

私は鞄の中の狭いスペースに入れるのですが、取り出すときに蓋のほうを持ってしまい、取り出しにくいです。

また、窮屈な中取り出すので、蓋がねじれる方向に少し曲がってしまいます。

ただ、それでも壊れないので、すごい耐久性です。

一度胸当たりの高さから落としてしまったこともあるのですが、まったく壊れることもなかったです。

十分な耐久性が証明されました。。。。。(ごめんなさい。)

外音取り込み機能

高性能ではありませんが、店員さんとの会話でも十分なほど聞こえます。

欠点としては、ビニール袋等のカサカサ音が大きく聞こえてしまいます。

そこだけが注意点ですね。

また、この機能のアップデートがスマホを使えばできるので、また今度ご紹介します。

まとめ

いかがだったでしょうか。

私は

  • とても高級感がある見た目
  • イヤホンの付け心地が良い
  • 求めていた音質があった
  • 通勤時にBluetoothが途切れない

事からとても満足しました。

値段に見合う良い商品なので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!!!!

目次
閉じる