ゆっくりしていってね

【ASUS初】外付けキャプチャーボード CU4K30【実機使用レビュー】

今回は、2021年5月28日に発売された、「ASUS TUF GAMING Caputure BOX CU4K30」を購入しましたので、レビューをしていきます。

目次

結論

まず結論から書いてしまうと、この「ASUS TUF GAMING Caputure BOX CU4K30」は

機能面

  • PCに取り込んだ音に若干ノイズが乗ってしまう
    (モニタリングには乗らない)
  • 遅延がとても少ない
  • 映像が乱れない
  • 音ズレしない

個人的な感想

  • 付属ケーブルが太くてかたく、取り回しにくい
  • 本体の質感が高くてかっこいい
  • コンパクトで使いやすい
  • 端子が付いている向きがよくて使いやすい

というものでした。

軽くおさらい

キャプチャーボードとは

キャプチャーボードは簡単に言うと、

ゲーム画面をパソコンに取り込む機材です。

そして具体的な用途としては

  • PS4・PS5の画面をPCに取り込んで録画/配信をする
  • Nintendo Switchの画面をPCに取り込んで録画/配信する
  • 2PC配信をする

などが考えられます。

キャプチャボードの使い方

上図のように、一旦キャプチャボードを通してプレイする形になります。

このキャプチャボードにはパススルーという機能があり、一度キャプチャボードを通してもプレイ画面に遅延はほとんどありません。

詳しくは実際のプレイ動画を下に載せます。

スペック

接続インターフェイスUSB 3.2 Gen1x1 Type-C®
入力端子HDMI 2.0
出力端子HDMI 2.0
オーディオ入力HDMI 2.0
オーディオ出力HDMI 2.0
最大入力解像度4K@60Hz HDR/2K@144Hz HDR/Full HD@240Hz HDR
最大出力解像度4K@60Hz HDR/2K@144Hz HDR/Full HD@240Hz HDR
最大録画解像度USB 3.2 Gen1x1 Type-C ® :非圧縮
2160p30/1440p60/1080p120/1080p60/1080p30/720p60/720p30/576p/480p
USB 2.0 : 非圧縮 720p30
音声入力※3.5mm headset、3.5mm Gamepad

※音声入力の音量を調整するには、公式HPのサポートページの「ドライバーとツール」から、「Audio Controller Tool」をダウンロードしてインストールが必要です。

CU4K30という名前の通り、取り込める映像は2160p30が最高となっています。(自分で見る画面は2160p60まで行けます)

取り込みPC用の接続端子がUSB 3.2 Gen1ということもあり、とても高性能であることが分かりますね。

動作環境

デスクトップ

Intel® Core™ i5-6XXX もしくはそれ以上
AMD® Ryzen™ 5 1XXX もしくはそれ以上
推奨:Intel® Core™ i7-6XXX もしくはそれ以上
推奨:AMD® RYZEN™ 7 1XXX もしくはそれ以上
8GB もしくはそれ以上 (Dual-channel)
推奨:16GB もしくはそれ以上 (Dual-channel)
*メモリはDual-channel設定が必要です
NVIDIA® GeForce® GTX660 もしくはそれ以上
AMD® Radeon™ HD7870 もしくはそれ以上
推奨:NVIDIA® GeForce® GTX 1060 もしくはそれ以上
推奨:AMD® Radeon™ RX570 もしくはそれ以上
Requires an USB 3.2 Gen1x1

ノートパソコン

Intel® Core™ i7-4810MQ もしくはそれ以上
AMD® Ryzen™ 5 3500U  もしくはそれ以上
推奨:Intel® Core™ i7-7700HQ もしくはそれ以上
推奨:AMD® RYZEN™ 5 3550H  もしくはそれ以上
8GB もしくはそれ以上 (Dual-channel)
推奨:16GB もしくはそれ以上 (Dual-channel)
*メモリはDual-channel設定が必要です
NVIDIA® GeForce® GTX 870M もしくはそれ以上
AMD® Radeon™ HD8970M もしくはそれ以上
推奨:NVIDIA® GeForce® GTX 1050 Ti もしくはそれ以上
推奨:AMD® Radeon™ RX570 もしくはそれ以上
Requires an USB 3.2 Gen1x1

実際に使用してみた

環境

今回はPC→キャプボ→モニタではなく、PC→モニタ&キャプボにしました。

ゲーム画面をメインモニタに直接映像出力しています。

配信/録画用のノートPCには、

  • ゲームPC→CU4K30(HDMIケーブル)
  • CU4K30→キャプチャPC(USBケーブル)

の経路を通り、OBSで視聴しています。

ノートPCはRTX3060を積んだゲーミングノートパソコンで、モニタは144 Hz出るスペックです。

メインモニタ:DELL S2721DGF WQHD165Hz

キャプチャボード:CU4K30 WQHD144Hz

今回はメインモニタがWQHD(2K)なので、解像度はWQHDを選択。

リフレッシュレートは

  • 59.951 Hz
  • 60.000 Hz
  • 144.006 Hz

が選択できました。

配信は60 Hzでしかできませんが、せっかくなので144Hzを選択しました。

使用時の映像

映像は30fpsで撮りました。

※もっと細かく取りたかったのですが、設定が出来ずすみません、。。。

感想

CU4K30を使う前はAVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 を使っていました。

昔使っていたLive Gamer Portable 2 PLUSと比べると、

  • 遅延を感じない

ことが大きく違いました。

映像を見ていただくとわかるように、コマ送りにしないとわからないレベルの遅延しかありません。

遅延がないことを求めていた私にとって、高いお金を払ったが満足できた、という結果になりました。

キャプチャボードで必要なことって、

  • 遅延がないこと
  • 映像が乱れないこと
  • 音ズレを起こさないこと
  • ノイズが乗らないこと

ですよね。

このうち

  • 遅延がないこと
  • 映像の乱れがないこと
  • 音ズレがないこと

はクリアしていました。

しかし、若干ですが、PCに取り込んだ音にノイズが載っていました。

ただ、この程度のノイズであればOBSで調整できるので、問題は無いと感じました。

注意点

同梱物

本体とは別に

  • 説明書
  • HDMIケーブル(ゲームPC/ゲーム機→本体用)
  • USBケーブル(本体→キャプチャ用PC用)
  • AUXケーブル

が付属してきます。

現在ゲームができる環境であれば、別途追加購入しなければならないものはありません。

しかし、付属品のケーブルはかたくて太く、取り回しやすいものではありませんでした。

これは少し残念な点でした。

しかしHDMI2.1規格のケーブルはどれも太いので仕方がないですね。

まとめ

以上をまとめると、

機能面

  • 取り込んだ音に若干ノイズが乗ってしまう
  • 遅延がとても少ない
  • 映像が乱れない
  • 音ズレしない

個人的な感想

  • 付属ケーブルが太くてかたく、取り回しがしづらい
  • 本体の質感が高くてかっこいい
  • コンパクトで使いやすい
  • 端子が付いている向きがよくて使いやすい

となります。

総合的に見て、高いお金を払ったが、満足できた、という結果になりました。

詳しい使い方はこちらの記事で紹介します。

何か質問等あればtwitterでも質問ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる